養蜂やってみたい。

突然ミツバチに目覚めた中年。勢いで蜂を飼い始めたはいいが、果たして。

今年すでに終了ムード・・・(採蜜)

蜂場は菜の花が終わり、クローバーが最盛期。私にとっては、今が最高に大切な時期なんですが・・・
それなのに。絵にかいたような失敗と言うか。まあそんな感じです。
蜂の増勢に失敗しまして、どうもこのままだとクローバーの季節のうちには十分な群が作れなそうです。これが終わると栗が入りますので、どうしてもイマイチ。あの絶品と言われた?春の新蜜が今年はダメっぽいです。

なぜか。
まずは前に書いた通り、越冬が1群になったのがそもそもの入口。
それでも3月中ごろには単箱が満群になり、3枚抜いて割出を行ったのでした。なにせ最低でも2群無いと怖いので。これで1群と2群を作り、それぞれを何とか立ち上げて5月後半へ向けて採蜜群へ仕立てるつもりでした。それなのに・・・

4月初旬、割り出した2群の女王が出房。来週ぐらいから産卵が始まるかな~と思ってた矢先、1群が分蜂。なんで?いつも通り管理していたのに・・・自分では全く理解できないのですが、まあ王台を見落とす以外に原因はありませんので。お恥ずかしい限り。幸い、爆裂に産卵が良いこのベテラン女王率いる分蜂群は無事確保。めでたく3群が出来上がりました。

翌週、蜂場に行くと目を疑う事態が。3群に増えた巣箱のそば、隅の藪にまたしても分蜂群が蜂球をつくっているじゃありませんか。今度は先週よりだいぶ小さい。すでに先週経験しているので、分蜂群の収容も慣れた物で、めでたく4群が出来上がりましたが、問題はどこから分蜂したのかです。今になってあらゆるつじつまをパズルのように考えてみると、二つの可能性が出てきます。

一つは、割り出した2群の新王が、処女王のまま2次分蜂した可能性。こちらが現実的な感じなんです。実は2回目の分蜂後に、2群で見落としていたらしい、しかもキレイに出房した後のある王台を発見したのです。なんとも情けない話。2回目の分蜂群である4群がいまやっと産卵始まった事を考えると、タイミング的にもいろいろ説明はつきやすい。

しかし、そうなると1群が分蜂から3週間たっても産卵が無いのが少し引っかかります。出房から産卵まで10日とちょっと、最後の内検がギリギリのタイミングだったとして逆算すると、1群が分蜂したのは王台が有蓋になりたての7日目程度だった、という事になってしまいます。

実際、分蜂された時の内見では王台のみで女王が発見できず、その王台を残しておいたのですが、2週目の内見でその王台はそのままでした。中6日で2回の内見、その間王台から出房がないという事は、分蜂時の王台はやはり有蓋になりたての8日目前後だったという事になります。これは分蜂のタイミングとして早すぎる気がするのですが・・・しかし、数日前の内検時まだ産卵が無かった状態から見ると、およそ10日前と想像される出房のタイミングは合ってきます。やはり、分蜂熱が絶頂まで高まった旧1群は、もう割り出しをしてもその熱が収まらず、王台が有蓋になったとたんに分蜂したんでしょうか。

1群が2回分蜂した可能性も否定できません。いまの1群の蜂の数の激減を見るとその可能性も肯定したくなるのです。4月の初旬、働き蜂は王台・A組をたくさん作った。私はそのうちの3枚を抜いて2群をわけだしましたが、実は1群にまだ見落としのA組王台が残っていた。働き蜂はさらに王台B組を作り、もともといた、越冬した女王は前回の見落とし王台A組(2群王台とほぼ同級生)の出房タイミングで分蜂。私は1群の王台は保存せざるを得ないので保存しましたが、実はこの中には分蜂のきっかけを作った出房まじかのA組と、まだ有蓋になりたてのB組が残っていたのでしょう(王台の新旧なんて、普通に見ればわかるんですけどね・・・)。そして、分蜂直後に出房したA組出身の新女王は、1週間たたずに次のB組王台の出房直前に2次分蜂。
つまり今の処女王はB組出身という事で、B組の出房が2次分蜂の5日後くらいと考えると、何となくつじつまは合いますが・・・やっぱりちょっと早いですね。分蜂熱が最高に高まると、新王の出房のかなり前に分蜂してしまうという事なんでしょうね。

つまり、どうでもいいのですが、結果として単箱満タンだった蜂が4群に割れちゃったわけです。しかもそれぞれが処女王や分蜂やらで、ほぼ2週間ほどほとんど産卵が無しになりまして。今からどう頑張っても、栗が咲くまえである5月中の採蜜は絶望という事になりました。

結論、今年の採蜜はなし。
せっかく今が最盛期なのに。産卵がないスヒは蜜圧迫ですごい事になってるのに。
継箱には程遠い蜂群たち。せめて病気にならないようにしなくちゃ。号泣。

いきなり分蜂

短い冬休みがあっという間に終わり、春真っ盛りです。
2群での越冬を目指し、かなりの勢力を保っていた我が蜂群ですが、昨年秋のオオスズメの襲撃で一群が全滅、片方も1/3程度の勢力とボロボロになってしまっていました。
仕方なく3枚x1群での越冬を強行。そしてなんとか冬を超えてくれたようでした。

今の女王は昨年の6月生まれ、例年6月になると起こる女王全滅騒ぎのときに生まれた女王です。
とにかくこの時は緊急でしたから王台を選んでいる場合でもなく、体格も良いとは言えない女王でした。でも、これが実によく産む。
昨年の熱い夏も、過酷を極めたオオスズメの襲撃も、そして関東でも決して暖かいとは言えない環境で小規模な蜂群での越冬を乗り越え、春になるやすごい勢いで産卵し始めました。実に頼もしい女王です。
3月にはいってからの増え方は尋常ではなく、王台がバンバン出来始めます。月末に入るともう単箱では限界まで増えていました。

しかし、その時点でまだ1群。これはあまりにも心細い。だから採蜜はある程度諦めて、今年は蜂を増やすべく考えていました。そこで4月頭にいい感じの王台が付いた3枚をぬいて蜂を割りました。
それなのに4月2週には蜂児が一斉に出房してまたもや巣箱がいっぱいに。王台と無駄巣が凄く、蜂のやる気が感じられます。
とりあえず王台をせっせと潰しながら、来週は継箱するか、と思っていた、翌週。

私が蜂場に行けるのは週に1度です。したがって前回から7日後となるその日、蜂場につくといきなり。
入り口のヤブの中に大きなスズメバチの巣のようなものがチラッと見えました。こんな時期に?と思ってよく見ると・・・
何の事はない、分蜂群です。どうやらさらに出房が続いた群ではいよいよ定員オーバーとなって、こらえきれずに分蜂したらしいです。
でも・・・王台は先週ぜんぶ潰したはずなんですけどね。おかしいですね・・まあいいか。

今まで経験がなかったのですが、とにかく巣箱を持ってきて初めての分蜂群捕獲に挑戦です。といって、したに巣箱を持っていってから枝を振っては蜂を払い落とすだけ。
女王の所在が全くわからないのですが、何度かやって様子を見てみると、飛んでいた蜂がまたヤブで蜂球を作っています。もう一度振り落とし、さっきの巣箱に入れます。
女王の所在がが不安だったので、後からさらに集めた蜂を巣箱の前に連れて行ってみると、みんないそいそと巣箱に入ります。これはもう女王がいると思って良さそうです。

しばらく落ち着いた後、空スヒを3枚とスソ張りの完成枠を1枚入れて回収完了となりました。
心配なので翌日も見てみると、中には少し腰が短くなりましたが、見覚えのある色の女王がしっかりいました。そして改めて見ると分蜂群はおおよそ4枚程度の量。おもったより多かったです。
さらに驚いたのが、分蜂群が新しいすみかをリフォームするスピードの早いこと!
昨日入れたスソはすでに1/3ほど盛れています。採蜜後の傷んだスヒ3枚も半分程度修復が完了している感じ。1日立たずしてこのパワー、コレならあの産みがいい女王がまた産卵を始めるのも時間の問題ですね。

分蜂された方を見ると、もともと割った後にも蜂が増えて7枚にしてあったのですが・・蓋をあけるとスヒが全然足りない感じ。蓋の裏にも雪崩を起こしそうに蜂がついています。分蜂してまだこの数・・大したものです。
果たして女王は不在、そのかわり今にも生まれそうな立派な王台が6つもありました。週一養蜂の怖さですが、いくら王台を潰してもギリギリのタイミングこうなってしまう場合があるということですよね。今回は分蜂群として回収出来たのは本当にラッキーでした。よく見ると最後まで卵をうんでいたらしく、蜂児もまだいっぱいいますので、この群も程なく新女王と共に新しく立ち上がってゆくことでしょう。

前回王台と共に割った群も、すでに新王が誕生しています。内検で身体検査をしましたが、問題なく健康そう。程なく産卵が始まるでしょう。
と言う事で、図らずも1ヶ月立たずして1群が3群になりました。とりあえず採蜜群は蜂の多い2群として、ギリギリシーズン内の採蜜を目指します。
残りはどんどん増やしてゆこうと思います。





スズメバチよけネット!!

ちょっと前に書きましたが、スズメバチよけにネットを使う話。
私も話には聞いていたのですが、昨年までは捕殺器でしのげたのでバカにしていたら・・・今年は手痛くやられたのは御存知の通り。
そこで、10月になった今になって網を用意しました。

とりあえず全くアイデアなし。ダイオネット190という約9mm網目の網を3x4mで作ってもらい、裾が浮いてスズメバチが入らないように周囲にはおもりロープを縫い込んでもらいました。ちょうどゴミ置き場で使われているカラスネットと同じような格好です。

果たして全く大きさはあわないのでしたが、とにかく隙間が出ないように巣箱にかけました。
心配なので巣門には捕殺器をつけたままです。すると・・・

th_IMG_8521


どうでしょう!4日後、上部のねずみ取りにはビッチリとスズメバチが!やはり相当な勢いで襲来したようです。
そのうえ、周辺を見るとネットにも5-6匹のスズメバチが引っかかって死んでいます。中にはネットにかじりついて息絶えている物も。
そして肝心のミツバチは、どうやら無傷の様子! 捕殺器にも一匹もかかっておらず、巣門周りにも襲撃の後がありません。これは効果絶大です。

しばらく観察していると、相変わらず常時1−2匹のオオスズメバチが飛んできます。
しかし、やはりネットから入ることが出来ないばかりか、どうもネットに止まるのも一苦労。なぜか転げ落ちたりしています。原因はわかりませんが、かなり苦手なようです。

反面、ミツバチは確かにネットの存在でやや不自由していますが、出入りその物は全く問題無い様子。
セイタカが咲き出したので、両足に目いっぱいの花粉を付けて帰ってくる蜂達も、約9mmの網目はすんなり通っていき、花粉をスリ落とす事もほとんどなさそう。


IMG_8529


いやあ、素晴らしい!想像以上の効果です。もっと早く用意してあげれば・・・大事な新王の1群を全滅させることはなかったでしょう。
蜂達は元気に飛び回り、心なしかストレスから解放された女王の産卵も増えた気もします。
もしかするとオオスズメバチ以外は網目を通る可能性もありますが、彼らはオオスズメほどの大被害をもたらさないので、捕殺器と粘着板との併用でしのげると考えています。
さあ、これで越冬へ向けた建勢に集中出来ます。ダニ退治しつつ、今年の養蜂シーズンもあともう少しですね。

一つ問題は、今回全くアイデア無しで平面のネットを作りましたが、隙間なくかけるのがかなり面倒。これでは何群もかけてられません。
そこで、今回の経験を元に一つ確信を得たので、今シーズンのうちに新しい形のプロトタイプを作ろうと思っています。


負けた・・

本当にヒドイ今年のススメバチ。
そしてついに、一群全滅しました。私には初めての経験ですが・・・
この群は越冬から来季のメインとして育てた群で、程度の良い新王で蜂の数もたくさんいて秋に一度割っても良いかと思っていたほどでした。しかし。なぜか数回の集中攻撃により毎回数千匹の被害を出し、みるみる蜂が減っていってしまいました。そして今回。

巣箱は本当に凄惨でひどい事になってました。
まだ半分信じられない気持ちのまま巣箱を片付けると、スヒは荒らされて蜂児が散乱、底にはまだ瀕死でうごめいている蜂達がたくさんいて、本当に憎いスズメバチは集団で残虐と略奪の限りを尽くしたようです。何が起きたのか、最期の様子がどうだったのかと声をかけても、勿論それらは想像するしかありませんね。ミツバチ達はよく闘ったらしく、オオスズメバチの死体も何匹も転がっていました。ただ、いかんせんこういう結果になりました。

他の群はなんとか持ちこたえています。波状攻撃は止むことがありませんが、やはり蜂群と言うのは弱ると一気に崩壊しますね。もう原理原則の通り、としか言えません。
何かの拍子でスズメバチの大ダメージを受けると、もうダメ。そして更にその入口も(恐らく)あって、それは蜂の数の不足であったり気づかないうちに増殖したダニであったり、もしかすると蜜不足なども関係するのかもしれません。

蜂を強盛群に保つ、結局はそこなんですよね。わかっちゃいるんですけど。 
 

スズメバチよけネット検討

さすがにススメバチがあまりにひどい物ですから、こうなったら懸案のスズメバチよけネットを張るか・・・と思い始めています。

所詮私も経験が浅いのでよくわかんないのですが・・・
オオスズメバチ以外は、おおよそミツバチを捕まえては連れ去る程度なので甚大な被害にはなりづらいようですよね。オオスズメバチにしても、集団で攻撃する前にはおそらく仲間に巣の存在を教えるでしょうから(ミツバチが蜜源を見つけた時と同じ?)、一度やってきたスズメバチを巣に戻らせない、と言うのは大切な対策な気がします。
その点で捕殺器は有効ですね。何しろ結構な数が取れますから。これは必須です。

それと、ネズミ捕りの粘着板。誰が見つけたのかしりませんが、本当にこれが面白いように取れますね。襲撃を受けている最中の群を救うのには、もっとも強力で有効な武器です。スズメバチの習性なんでしょうけど、飛んでいるスズメバチを叩いて何匹かくっつけて、そのあと巣箱の上にほっておくと、スズメバチたちは自分からどんどん張り付いてくれます。特に集団で襲いに来たオオスズメバチはどんどん取れます。ケチらずに耐水性で業務用のいいやつを使いたいものです。

でも、オオスズメバチは集団になって巣門から入ろうとします。そして、そこで律儀に迎撃に来たミツバチが大量にやられちゃうんです。巣門の外でも、すぐ近くでスズメバチと戦っていると寄ってたかって応援に行って、みんなやられちゃう。なにせ戦車に丸腰で向かっていっているようなもんです。機関銃でなぎ倒されて終わっちゃう。どうしたって儚い。だから、オオスズメバチには巣に近寄らせないようにしなくちゃいけませんね多分。

防除の観点で行くと、金網より樹脂製のネット(網)は安くて大きな面積を囲う事が出来ますから有効です。どうやら、未確認ながらスズメバチよけには8mm目のネットが良いという都市伝説があるようなのですが・・・私の知る限りではそんな網はありません。
そこで、網の専門メーカーが作っている「ダイオネット190」というネットがスペック表で9mm目となっています。 そして、都合が良いことに、実際の網目はやや小さくて7mmx8mm程度で、角の取れた四角のような形をしています。つまり、ミツバチには十分大きく、スズメバチは通れないサイズといえそうで、聞くとすでに何件もの養蜂家さんがお使いの様子です。ほんとかな?

そこで、私としてもこのネットを巣箱より大きめにすっぽり被せる形に作ってもらおうと思っています。または大きな四角にして周りに鎖などのおもりを入れて、ばさっと巣箱の上からかけておくとか?
ネットはサイズを指定するとそのように加工してくれるので、次回頼んでみようと思っています。
とにかく、このままでは本気で全滅しそうなので・・・

ところで、ニホンミツバチが蜂球を作ってスズメバチを熱殺するのは有名な話ですが、セイヨウミツバチにはその能力がない、と言われてますね。でも、スズメバチの襲撃を受けた群をみると、ミツバチと戦って死んだスズメバチが何匹もいるのに気づきます。襲撃後の内検で、巣箱の中から死んだオオスズメバチを5匹も拾った事があります。それに見ていると、スズメバチが少しでも弱ると一気に蜂球となって攻撃している姿は何度も見ています。熱殺なのか針で攻撃しているのかわかりませんが、ミツバチがスズメバチに対して必ずしも全くの無力では無いように思えるのです。

どんな敵にも果敢に(時に馬鹿正直に・・・)立ち向かってゆくミツバチ達。本当に知るほどに興味深い生き物です。養蜂はそういう点でも奥深いですね。

 
  • ライブドアブログ